忍者ブログ
2020.05│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
3歳の男の子と1歳の男の子を育ててます(^^) ドタバタだけど、そこには笑いあり涙ありのコユーイ毎日。 体力勝負!頑張るぞ!
いらっしゃいませ♬
ランキング


にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ
最新コメント
[06/30 みい]
[06/30 みい]
[10/10 あひるママ]
[10/10 あひるママ]
[06/12 monochoko]
プロフィール
【HN】
あひるママ
【年齢】
40
【性別】
女性
【誕生日】
1980/02/29
【職業】
主婦
【趣味】
子供を連れてウロウロすること(笑)
【自己紹介】
たまに神経質だったり、たまにおおざっぱりだったりといまいちよく分からないA型です(笑)
ブログ内検索
バーコード
2020年05月27日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年08月23日 (Thu)
数人でママ友のお家に遊びに行ってワイワイ話していて

3人目の話になった。

2人は3人生んでるママさん。

私ともう一人は2人目。

その子も男の子2人だから、「女の子欲しかったんだけどねぇ」って話。

で、私は3人目作る気マンマンだから、「次は出来たら女の子欲しいけど、私女の子生むイメージないなぁ」と言ってみた。

実際、ホントにイメージ湧かないんだけど、欲しい!って気持ちは強くて、でもそれを全面に出したくなかったから、男の子でもいいけどさ、って感じで言ったんだが

ママ友さんに

「うん、ホント女の子育ててるイメージない。」

と言われてしまった。




ガーン Σ( ̄ロ ̄lll) 




勿論そのママさんに悪気はないし、すごくいい人でそう言われた事がショックという訳じゃなく

他の人からもそう見られていたって事にショック!



確かにさ、私の性格って男っぽいしかなりおおざっぱだし、りょうちんと鉄砲打ち合ったり玩具の刀で切り合ったりしてると、もう女の子育ててるイメージ皆無なんだよね。

分かってるさ、自分でも。

でもね、やっぱり同性にはいて欲しいーって切実に願うのさ。

やっぱり男と女、話してると違うもん。
将来娘の孫抱きたいもん。


はぁ、ちょっとモヤモヤした今日の出来事。


拍手[1回]

PR
2012年08月17日 (Fri)
免許をとってから約10年、ペーパードライバーとして過ごして来て

一人目の子、りょうちんを生んで、これじゃあいかん!と思いペーパードライバー教習に通い

生活するに不自由ない程度に運転できる様になった。

近所に慣れたら少し遠い所へと、ちょっとずつ距離を伸ばし•••

でも、ある程度の場所で止まっていた。

実家に帰る時は旦那に運転してもらい、自分で高速に乗って帰ろうとまでは思わなかった。

が、明日ママ友と高速に乗らないと行けない所へ遊びに行く事になりΣ( ̄ロ ̄lll) 

更にステップアップをせにゃならん状況。

て事で、今回実家への帰省は運転しました。勿論旦那付きで。

埼玉→神奈川なんで、車で片道3時間(早けりゃ2時間半)

頑張った(ToT)

高速なんて普段乗ってないからオロオロ、ソワソワ

時々80キロきってて、旦那に「遅いっ!!」って言われる始末。

特に合流でオロオロしちゃうんだよね。「危ない!車線変更して!」ってビビられるし。

でも帰りも頑張って運転して帰ってきたし、少しは慣れた?

明日はいよいよ友達とのお出かけ。

そんなに遠い距離じゃないが、不安。

道間違えてエラい遠い場所行っちゃったらどうしよう•••。

頑張ります!

拍手[0回]

2012年08月01日 (Wed)
昨日、子宮がんの検診に行ってきた。
毎年必ず行ってる定期検診!

乳がんと子宮がんは毎年行かないとね。

以前にもブログで書いたが、昨年私は母親を癌でなくした為、その娘という事もあり遺伝で癌になる可能性はかなり大なので、万が一なってしまったとしても初期で発見される様にしたいので(><)

でも癌は遺伝に関わらず誰にでもなりうる病気なので、定期検診は必要だと思ってる。

母の癌がきっかけで今も癌と闘ってる方のブログを読ませて頂いてるが、癌の苦しみは本当に想像を絶するもの。私自身、母が亡くなるまでを見てきたから、その恐ろしさは十分分かっている。

だから、身内に癌の人いないからねーって思ってる方でも、癌検診には行ってもらいたいな、と思う。

後、生活習慣を見直す事も必要!
これがなかなかできないんだけど。

癌で亡くなってしまう日本人が増えたのは、生活習慣の変化。特に食事の変化だと言われる。

ところで癌っていったい何?って思ってる人もいるかもしれないが

簡単にいうと癌とは自分の細胞が傷つき狂ってしまったもの。
普段そういった細胞はカラダの中でちょくちょく出現するが、人間には狂った細胞を治す(排除するかな?)免疫力があるから、癌細胞にならないのだが

ストレスや何らかのトラブルで免疫力が下がっているとその何らかのきっかけで狂ってしまった細胞が、癌細胞になってしまう。

癌細胞は普通の細胞と違い際限なく増殖してし、最悪な事に血流にのり他の器官に移動してしまう(転移)

そうなると移動した先でも増殖を繰り返し、例えばそこが肝臓だったら、肝臓の中で大きくなり肝臓の機能を止めてしまう。

私の母は大腸にできた癌が肝臓と肺に転移してしまい、最終的には肺に転移したがん細胞が肺の中のリンパ管を埋めてしまい、呼吸困難で亡くなってしまった。(癌性リンパ管症)

もうじき母が亡くなってから1年がたつが、未だに弱っていく母の様子を思い出すと恐ろしくなる。

だから

癌にならないような生活習慣にする。

定期検診は怠らないようにする。


これを心がけたい!

拍手[0回]

2012年07月28日 (Sat)
先日、旦那と大喧嘩をしました。

意思の疎通ができていなかった事が原因である旦那の行動に腹を立てた私が、旦那に怒りをぶつけた事で、その私の言葉に逆ギレした旦那。

じゃあ旦那が悪いんじゃん、って感じなんだが(最初は全て旦那が悪いと私も決めつけていた)

私、言い過ぎた。

子供を生んでからかなぁ、腹が立つととことんまで言ってしまう悪い部分がでてきたのは。

特に身内(父、母)と喧嘩すると、言い過ぎる傾向にあったんだ。自分で言うのもなんだが、多分口喧嘩をしたら誰にも負けないという自信がある(オイオイ)

友達とか外部の人とそーいった喧嘩はないんだ(外面は良い)

怒りにまかせて、抑えがきかなくなってしまうというのは以前から薄々感じていたんだが、今回旦那と喧嘩をして、私の言葉は相当相手を怒らせるという事がよく分かった。

怒りのパワーって凄いよね。悪い意味で。

私がそこまで言わなかったら旦那とこんな大喧嘩しなくて済んだのに。

一方的に相手が悪いとず〜っと思ってイライラしてたけど、ふと冷静になってよく考えたらちょっと自分が怖くなった。

もしも子供達が大きくなって、こんな事したら

絶対に家から離れていく。。

取り返しのつかない事になる前に、自分の心のコントロールをしないと。

だから私、怒るのをやめます(宣言)

誰に対しても。

だから、例え相手に非があったとしても怒る前に深呼吸もしくは自分をつねる。

とにかく口に出したら止まらなくなるので、出さない。

で、他の事をして怒りを忘れる。


怒りを相手にぶつけたって、何の徳にもならない。

怒りが怒りを呼び、悪い方向へ進むだけだから。


それを気づけて良かった、と思う。

そう思うと今回の喧嘩は良かったのか?いや良くないな。


拍手[0回]

2012年06月23日 (Sat)
我が家は旦那の実家が遠い場所にあり、同居もしていないので嫁姑のトラブルといったものには無縁だ。

それに、どちらかと言うと義母への尊敬の気持ちが大きいので対立する事もなく、昨年実母を亡くした私にとっては頼りになる相談相手の一人。

まぁ、現在は同居をしていないからいい関係でいられるのかもしれないって思われるかもしれないけど(^^;)でも、義母との関係は凄く良好なので、その点に関しては恵まれていたのかなって思う。



でも、本来『嫁、姑』の関係って根っこが深いものなんだろうな、って思う。

だって1人の男に関係する2人の女、な訳だから。

その男を生み、育てた女性と突然ポンっと現れて、その男をとってしまう女性(言い方が悪いが)訳だから、自然の流れで至極当然の事だけど、やっぱり育てた女としては、その心は穏やかでないんではないかな。

まぁ、ママもある一定の年齢がくれば、子離れするんだから付き合ってる男を取られた!ってな程の衝撃はないと思うが、今現在我が子が可愛くて仕方のない私としては、その時を考えると

無理〜っ(><)って思ってしまう(笑)

いつか、りょうちんとりったんに可愛い彼女ができて、そして結婚するってなった時

喜びと同時にきっとものすごく寂しい思いをするんだろうな。世の男の子のママはどんな気持ちになるんだろう?(だから女の子が欲しいってママはたくさんいるんだと思う)

今現在、男の子はママにとっては小さな恋人だからね♪


話が脱線したけれど、そんな訳で『嫁、姑』の関係って難しいなぁと思ってしまった。

義母もきっと、嫁の私に対して複雑な感情もあると思う。それでも、いつも相談にのってくれて、おいしいものを送ってくれて、だからこそ本当に有り難いなって感じる。

母が亡くなって、そのあとにすぐりったんが生まれて、辛い事と嬉しい事が重なって複雑な気持ちの時に、心の支えになってくれたのは義母と友達、あと旦那(つけたし 笑)だし。


将来2人が結婚してお嫁さんをもらったら、嫌な姑じゃなくて、頼りがいのある姑になりたいと思うのでした。(孫、連れて来てもらいたいしね ←そこか 笑)


拍手[0回]

Prev1 2 3  →Next
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お買い物♪