忍者ブログ
2020.05│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
3歳の男の子と1歳の男の子を育ててます(^^) ドタバタだけど、そこには笑いあり涙ありのコユーイ毎日。 体力勝負!頑張るぞ!
いらっしゃいませ♬
ランキング


にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ
最新コメント
[06/30 みい]
[06/30 みい]
[10/10 あひるママ]
[10/10 あひるママ]
[06/12 monochoko]
プロフィール
【HN】
あひるママ
【年齢】
40
【性別】
女性
【誕生日】
1980/02/29
【職業】
主婦
【趣味】
子供を連れてウロウロすること(笑)
【自己紹介】
たまに神経質だったり、たまにおおざっぱりだったりといまいちよく分からないA型です(笑)
ブログ内検索
バーコード
2020年05月27日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年06月09日 (Sat)
りょうちんも2歳半になり、絵に描いたような自己主張の嵐。

おまけにりったんという可愛い弟ができ

嵐のように渦巻く感情の中に、更に複雑な感情も入り交じり

色々と手を焼かしてくれます (*´Д`)=3ハァ・・・

今まで小さい赤ちゃんだったせいか、りったんにはあまり興味を示さなかったりょうちん。

ところが、ある程度大きくなり、やっとこさっとこだけどお座りができるようになると、りょうちんにとってはもうただ寝っころがってる物体Xではなくなり、自分と同じ一人の子供と認識した様子。
 
そーなると、りったんをいじるいじる。

乗っかってみたり、ひっくり返してみたり、頭叩いてみたり、、、やりたい放題。

必然的に、母(私)怒る怒る。

前置きが長くなってしまったが、最近りょうちんを叱る事が多くなった気がする、というか多くなったのだ。

そのせいかは分からないが、りょうちんの赤ちゃん返り(の様なもの)が最近再び現れ出したのだ。

抱っこしてもらいたがる

私がいないと大泣きする

ママ以外の人と待ってられない & 手を繋いで歩かない(パパは大丈夫な時とそうでない時がある)

最近ちょっと風邪をひいたからそのせいもあるのかもしれないが、やはり自分に母の愛情がなくなってしまったのでは、と本能的に感じているんじゃないか?と私は思っている。

確かに悪い事は悪いと叱る事は必要だ。

でも、何かに書いてあったが、今の親は必要以上に叱っているらしい。本当に叱らなければいけない時は誰が見てもいけない事で(社会のルール等)

それくらいは•••と思える事は、叱る!というより、言って聞かせるぐらいの方がいいのでは

と、最近はその方向に考えが傾いている。

まだまだ物事が分からないんだもん。叱っても仕方ないよね。

子供の心に不安を植え付けるより、子供が笑っていられる方がいいと、そう思うのです。

拍手[1回]

PR
2012年06月07日 (Thu)
部屋の片付けをしていて、旦那と付き合っていた頃の写真を見付けた。

甘酸っぱく手をつないでる写真なんか見つけると

「若けーな」と思う。

当時、この隣で笑っている輩と結婚して子供を2人も設けるとは誰が予測したであろうか!?

実は、私自身が「結婚するかもしれない」と予測していたんだな、これが。

それはただ単に気持ちが盛り上がっていたからそう思ったんじゃないか?と思われるが

そうじゃなく、冷静に

「多分この人との関係がうまくいったら、そのまま結婚することになるかもしれない」と。

それもごくごく当たり前のことなんだが

旦那との付き合いは、とにかく色んな障害があって

現実的に別れてもおかしくない状況だったんだけど

それでも旦那との関係は良好だったので、不思議と付き合いは続き、、今に至る。

付き合い始めに

「私は多分この人と結婚することになる!」

と直感的にビビビと感じた人ってどれくらいいるのだろうか?

恋愛経験豊富な人は、そーゆうことってやっぱあるのか気になるところだ。

話は変わるが

この前テレビに中村うさぎが出演していて

「旦那になる人とは恋愛関係にない方がうまくいく」と言っていた。

ちなみに中村うさぎの旦那だか元旦那だか知らないが、ゲイらしい。

なので恋愛は外ですると。

恋愛で結婚すると、最初は盛り上がるが家族になる段階で2人に温度差が出てしまう為
 
もめごとの種になるから、ただの友達の方がずうっと同じ関係でいられるんだとさ。

なるほど、とも思うがそれはそれで寂しい気がする。

確かに2人の温度差は出てくるとは思うが、それでもそこには夫婦としての愛情がある。

でも友達だったら愛はないんでないかい?


もうじき結婚記念日な為、そんなこと考えてみました(^^)

拍手[0回]

2012年05月30日 (Wed)
相手に100%悪気はない。

という事は分かっているが

その言葉がすご〜く心にグサリとくることってないだろうか?

私の場合、相手が自分の親しい人だったりすると、その出来事に対してなかなか折り合いをつける事ができず

その人の印象が変わってしまう事があって、どうしたもんかなぁと悩む事がある。

子供を生んでからよくある事は

「男の子2人なんて育てられないよ。あひるママは凄いね。」

「うちは男の1人で十分。私には無理だな〜。」(男一人女一人の友人)

結構カチンとくるんだよね。

だって生まれてきたのが男の子なんだもん、仕方ないじゃん!

私が女の子欲しかったから、いいな!って気持ちがあってそう感じちゃうのもあるけど、でもその言葉は男の子を育ててる私に失礼じゃないかい?

もっとカチンときたのが、3人目作ろうと思ってるんだが、できたら女の子がいいなと言ったら

「3人目もきっと男だよ。入らぬ子生んだってな事になるよ。」

こやつは気心知れた先輩なんだが、ケリ入れてやろうと思った(笑)

心ない言葉に対して

どう折り合いをつけたらよいのか?

言った相手が親しいだけに、親しいからこそ気軽に出た言葉なんだと思うが

私を悩ませる。



思い出すとゴミ箱蹴り飛ばしたくなるんだよね(本心)

拍手[0回]

2012年05月27日 (Sun)
子育て真っ最中で、まだ「あの時は〜」なんて振り返る時期じゃないけど

子育てって楽しいものだなぁと感じた今日。

誰かから聞いたのか、雑誌で読んだのか忘れたが、その人は子育てが人生で一番楽しかったと言っていた。

子供達が自立し、手が離れやっと自由な時間が持てるようになったのに、できる事ならまたあの頃に戻りたい、と。

ふとそんな事を思い出し、なるほどと思った。

時には我がまま放題の2歳児にイライラ。

夜中にちょこちょこ起きては泣く0歳児にイライラ。

って事もあるけど、そんな時期はあっという間に過ぎてしまい、あの頃は〜って懐かしい思い出にふける日がいつかはやってくるんだと思うと

育児真っ盛りの今を楽しまなければハタと気づいた。

だってついこの間まで泣くか飲むか寝るかのどれかしかできなかった赤子が今じゃ、マイケルの音楽に合わせて踊ってるんだよ!?

ここまで育ててきたのかぁと思うと感慨深い(笑)

こんな感じにたまには振り返ってみるのもいいもんです(^^)


拍手[1回]

2012年05月12日 (Sat)
10、11と旦那の両親が遊びに来て、みんなでプチ旅行をしました(^^)

この旅行で感じたのは

子供達にはじじとばばが必要だなぁということ。

何て言うか、私や旦那に見せる顔とまた違った顔を見せるんだよね。

まぁ、じじとばばは孫達にはとっても優しくて、私や旦那だったらきつく叱ってしまうところを「しょうがないな」って大きな目で見てくれるから

きっと子供にとっては安心できる場所なんだぁ。

7ヶ月のりったんはまだ分からないけれど、2歳のりょうちんは始終ニコニコしていてすごく嬉しそうだった(^^)

いつもママとりったんと三人で行動しているから、パパやじじ、ばばがいる賑やかな雰囲気は楽しかったんだろうな♪

大家族っていいもんだな、と感じた今回の旅行。

私自身、父、母、私の3人家族だったから、それで寂しいと感じたことはなかったけれど、たまにおばあちゃんが泊まりに来てくれたときは凄〜く嬉しかったのを覚えてる(^^)

おじいちゃん、おばあちゃんは子供達にとって親とはまた別のよき理解者なんだろう。

子供達の為にも、長生きしてもらいたいな。

拍手[0回]

Prev1 2 3 4 5 6 7  →Next
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お買い物♪