忍者ブログ
2019.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
3歳の男の子と1歳の男の子を育ててます(^^) ドタバタだけど、そこには笑いあり涙ありのコユーイ毎日。 体力勝負!頑張るぞ!
いらっしゃいませ♬
ランキング


にほんブログ村 子育てブログ 男兄弟だけへ
最新コメント
[06/30 みい]
[06/30 みい]
[10/10 あひるママ]
[10/10 あひるママ]
[06/12 monochoko]
プロフィール
【HN】
あひるママ
【年齢】
39
【性別】
女性
【誕生日】
1980/02/29
【職業】
主婦
【趣味】
子供を連れてウロウロすること(笑)
【自己紹介】
たまに神経質だったり、たまにおおざっぱりだったりといまいちよく分からないA型です(笑)
ブログ内検索
バーコード
2019年10月22日 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年08月12日 (Sun)
母が亡くなって初めてのお盆。

旦那の休みがなく、特にする事もないので実家に戻って来た。


今日洗濯物を干していたら、物干竿の近くを飛んでいる一匹のシオカラトンボを見つけた。

どこへ行く訳でもなく玄関と物干竿の近くをスイスイ飛んでいる。

それから外に出る度にトンボが飛んで来て、私が玄関に置いてある椅子に腰掛けるとすぐ傍にトンボもとまる。

そんな事を繰り返していて、随分人なつこいトンボだな〜なんて思っていた。

上の子りょうちんにもトンボを見せてあげたくて、トンボがとまっている所に連れて行ってあげた。いたずら盛りの子供がトンボに近づいても飛んで行こうとしない。むしろこちらをじっと見ているようだ。

そんな事があって、ふと気がついた。

そっかお盆なんだ。きっと、お母さんがとんぼになって帰ってきてるんだと。

近くにとまっているトンボにそっと近づき

「お母さん、帰って来たの?」

と聞いてみる。

トンボはまたじっとこちらを見つめ、飛んで行こうとしない。

まぁ、ただの人なつこいトンボなだけかもしれないが、妙に感情的になってしまい、その場で泣いてしまった。

母の事を思い出して泣く事なんて最近はなかったんだけどなぁ。

時期も時期だし、魂だけでも母が帰ってくるかもしれないと思うと、懐かしく、恋しくなってしまうものなんだな。

幾つになっても母を恋しいと思う気持ちはなくならない。

きっと母はトンボになって懐かしい我が家に戻ってきたのだ。
大好だったりょうちんを一目見ようと。

ひぐらしの声を聞いていると、ふと昔が懐かしく、子供の頃を思い出してしまう。


夏もそろそろ終わりに近くなってきた。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
←No.166No.165No.164No.163No.162No.161No.160No.159No.158No.157No.156
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お買い物♪